スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルフォンス ミュシャ

国立新美術館でのミュシャ展内覧会に行ってきました。

スラブ叙事詩、素晴らしかったです。
子供の頃に好きだった人の晩年をかけた大作を見られて本当に良かった。

光の表現、描かれる動きの美しさ、空の色合い、また見に行きたいです。
テーマが歴史なので人々の顔や姿勢は、天使や踊り手以外はつらそうでしたが。。

でも、そのお陰で対比が分かりやすく、ミュシャはどうすれば解放されている身体でどうすれば苦しい身体か分かっていたんだなぁと。

ロダンとの深交もありつくられたブロンズはとても美しかったです。ロダンとミュシャの会話、楽しそう。






関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

千鳥 八雲 Chidori Yakumo

Author:千鳥 八雲 Chidori Yakumo
Chidori Yakumo
舞踊家(Coriographer/Dancer)/MOVEMENT DESIGN主宰/美術解剖学会会員/日本姿勢学会理事
舞踊家・研究者として、より美しい表現を追求する。
様々な表現活動に関心を持ち、多様なダンス・演劇等の身体操作経験に解剖学などの知識を加えたMOVEMENT DESIGNを主宰。
アーティストのPVや音楽ライブでのダンスコラボレーション、パフォーマンス指導やステージ演出、講演などを行う。


ホームページ


お問い合わせは下記のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。