スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊りと舞

私は自分でやる「舞」と「踊り」を分けているんですが、


舞はどんなかと言うと、
「蝶」は「舞う」けど踊らない

踊りについては
「心」は「踊る」けど舞わない

という日本語の表現が自分の感覚を表してくれているなと思います。



組み合わされた振りがあるのが「踊り」で

回旋などの単純な動きが「舞」

という考え方もあるようですが、



私の場合はいまのところ

踊りは
自分とか意識というのがある程度含まれていて

舞は
自分とか考えたり感じたりしていない感じ

という感じです。



ざっくりそんな感じです♪♡(*´ー`*)




スポンサーサイト

近況☆

先日、ご紹介でビューティーサイエンス学会の高橋 雅夫先生にお会いしました。

学会誌を拝読して、十二単の衣紋道や浮世絵、伝統的な染織や髪結などの技法、時代や風土の装束や香りなど、

関心があって自分で触れてきたものが一手に引き受けられているような場を知ることができて心踊りました。


昔話ですが、
私の大学では哲学科が二つに分かれていて、美術や芸術を扱う美術哲学(略してビテツ)と思想や宗教などの純哲学(略してジュンテツ)があり、
どちらの講義もかなり自由に往き来ができたので
親友のいる美哲系講義にもちょくちょく顔を出していました。

私はがっつりジュンテツ所属で、ゼミも議論尽くしと、あとは踊ってばかりでしたが、
なんというか、女らしい子はビテツ所属でした(笑)


親友達は千代紙の柄や日本画の色彩などをテーマにしていたので、
今ならもっと話に食い付けるのになぁと思っています(*´ー`*;)


話がそれましたが、

表現の方で色々やるようになって、

そういうものに触れられて幸せを感じるとき自分にとってやはりとても大切な要素なんだなぁと思います。


高橋先生に、美術解剖学会でお声掛けいただき親しくさせていただいている原島博先生のお話をしたところ、ご存知でいらっしゃって、科博の大顔展のことをお話になっていました。

繋がっていて、楽しいです。

心惹かれるものいっぱいです♪






ここ数年で、
とにかく沢山の人に出逢う機会に恵まれて、
多くの専門家やその人だけのものを追究し続けている方々と繋がっていられるのは楽しくとても嬉しいです。

世の中は楽しい、と感じるし、
素晴らしいなあと感じます。


私も心惹かれることに沢山出逢って、
また新たに何か形にできたら嬉しいなと思っています♪

プロフィール

千鳥 八雲 Chidori Yakumo

Author:千鳥 八雲 Chidori Yakumo
Chidori Yakumo
舞踊家(Coriographer/Dancer)/MOVEMENT DESIGN主宰/美術解剖学会会員/日本姿勢学会理事
舞踊家・研究者として、より美しい表現を追求する。
様々な表現活動に関心を持ち、多様なダンス・演劇等の身体操作経験に解剖学などの知識を加えたMOVEMENT DESIGNを主宰。
アーティストのPVや音楽ライブでのダンスコラボレーション、パフォーマンス指導やステージ演出、講演などを行う。


ホームページ


お問い合わせは下記のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。