スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試みる人ー竹内栖鳳☆



こんにちは。千鳥です♪

今日は少し涼しかったですね☆

秋…もうすぐかな(´ー`)夏も大好きだけど☆



先日、竹内栖鳳展の内覧会に参加させていただきました。

内覧会では大抵、どなたかにお会いできるのですが、
思いがけず、久し振りにNHKのIさんにお会いしました☆
Iさんは昨年の夏あたりから展覧会関係でかなり母がお世話になってた方です。

ちょうど『八重の桜』がひと段落して、のタイミングだったのだそうです。


で、展覧会は、

竹内栖鳳という人は、自分のスタイルへの探究心がかっこよかったです。

明治という時代に、プロデューサー的なこともしていたみたいです。


形式化した「流派」ありきな当時の風潮の中、
「どこの流派かわからない」という批判にあいながらも、
西洋からでも、伝統からでも、良いものをとり入れようとした人。

その姿勢に共感できたし、広い視野が遺した作品は素晴らしかったです。


写実的にも忠実でありつつ試みがあふれている、高齢以前の作品が特に好きです。
『金獅子』の屏風絵は素晴らしかったし、雀はかわいかったし、生き物への観察眼に強い愛情を感じました☆


展覧会概要から引用します♪

『…栖鳳は実物観察という西洋美術の手法をもとに、西洋と肩を並べられるような美術を生み出そうという気概でこれら伝統絵画の根本的理念を掘り起こそうとしたのです。…』



私はずっとダンスのジャンルを分けているものについて考えてきて、

最近ありがたいあるきっかけをもらって、こころが楽になったというか、

自分はこうやって踊ったらいいって、1つ殻を破れた気がしているので、

とても共感できました。




また、報告しますね♪







スポンサーサイト
プロフィール

千鳥 八雲 Chidori Yakumo

Author:千鳥 八雲 Chidori Yakumo
Chidori Yakumo
舞踊家(Coriographer/Dancer)/MOVEMENT DESIGN主宰/美術解剖学会会員/日本姿勢学会理事
舞踊家・研究者として、より美しい表現を追求する。
様々な表現活動に関心を持ち、多様なダンス・演劇等の身体操作経験に解剖学などの知識を加えたMOVEMENT DESIGNを主宰。
アーティストのPVや音楽ライブでのダンスコラボレーション、パフォーマンス指導やステージ演出、講演などを行う。


ホームページ


お問い合わせは下記のメールフォームからご連絡ください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
QRコード
QR
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。